2017/8/10(木)第29回放送

Goya.jpg

<ストーリー>
6月からseason 2がスタートして、ジュンジ君がデヴィッド教授のレッスンを受けるようになりました。生の英語に触れてジュンジくんの頭の中は疑問点の嵐。頑張れ!ジュンジ!

Lesson1 likeとas
Lesson2 littleとsmall
Lesson 3 big とlarge
Lesson 4 few / a few little / a little
Lesson 5 疑問詞 what

Around the World in 5 minutes
1. 007 belongs to MI6. MI6 is real, not a fantasy. Did you know that?
007はMI16に所属しているんだ。MI16は実在しているんだよ。空想の産物ではないんだ。知ってた?
Really?

2. Sherlock Holmes is a hero of mystery novels. They were written by Sir Arthur Ignatius Conan Doyle. But Conan Doyle was also helping a police station in London to look for a criminal.
シャーロックホームズは推理小説のヒーローだ。それはコナンドイルによって書かれた。だけどコナンドイルは犯人を捜すためにロンドン警察の手伝いをしていたんだよ!
Really!!?

3. Do you know the first man who traveled out of space? His name is Yuri (Alekseyevich) Gagarin. He was Russian. It was in1961. 
世界で最初に宇宙を旅した人を知っているかい?ユーリ・アレクセヴィッチ・ガガーリン、ロシア人だ。1961年のことだよ。
Wow! Amazing!

4. Do you know the first car ever made? It was made in France in 1769. It was a steam car!!
世界初の自動車を知っているかい?1769年にフランスで作られたんだ。蒸気で動く車だったんだよ!
Really?

Song of the Week: “Can’t Stop” by Red Hot Chili Peppers
Quick Lesson on A Single Point  must / have to, has to
J: テキストにはmust=have toまたはhas toって書いてあります。have to やhas toはいつでもmustの代わりになるんですか?言い方を変えても本当に意味が変わらないのかどうか気になります。
N: なるほど。確かにテストには書き換え問題も出題されますね。デヴィッド教授に聞いてみましょう。The word “must” is always equal to “have to” or “has to” ? Is there any differences?

D: These words are often the same and express an obligation, usually something we are required to do or need to do. There are some differences.

これらの言葉はよく同じものとして、普通は何かが必須であるとか必要であるとかの義務を表現する。そしていくらか違いがある。

D: In the positive form, they are basically the same. “Must I go to the party?” is the same as, “Do I have to go to the party?” “You must do your homework,” is the same as, “You have to do your homework.” British English uses must more and American English uses have to more.

肯定文に於いては、基本的には同じ。
“Must I go to the party?”「そのパーティーに行かなくちゃいけない?」は、”Do I have to go to the party?”と言っても同じだ。 “You must do your homework”「宿題をやらないといけないよ」は、”You have to do your homework”と言っても同じ。イギリス英語ではmustが多く使われ、アメリカ英語ではhave to が多く使われる傾向にある。

D: In the negative form, though, the meaning is quite different. “You mustn’t go to the park” means that you are NOT ALLOWED to go to the park. You don’t have permission and should not go.

否定文の場合は、意味が少し変わってくるよ。
“You mustn’t go to the park”「その公園に行くべきではない」と言ったら、それは「その公園へ行くことが許されていない」ということ。許可されていないのだから行かないほうがいいという意味だ。

D: “You don’t have to go to the park,” however, just means that it isn’t required. You can go to the park if you want to go, but you aren’t required to go.

しかし、“You don’t have to go to the park”と言ったら、必ずしも強制ではない。もしもその公園に行きたければ行くことはできるが、但し許可はされていないよ、ということだ。


番組宛のご意見ご要望は下記メルアドまでお寄せください。
davidsenglishseminar@gmail.com

リアルタイムサイマル放送を聴く場合は →FM西東京(84.2MHz) http://842fm.west-tokyo.co.jp/
リアルにデヴィッド教授に習いたい場合は →スカイタワー西東京カルチャークラブ http://www.skytower195.com/culture/cultureclub.html

この記事へのコメント