2017/8/31(木) 第32回放送 

20170829_115001.jpg

Lesson 1  There is /There are
Lesson 2  There - 否定形/ There must be / There should be
Lesson 3 不定代名詞 one
Lesson 4 ~間 / for for an hour, for a few days
Lesson 5 疑問詞 which

Around the World in 5 minutes

1. Martin Luther King, Jr was a great person who tried to erase racism. He is most famous for the speech in which he said the words “I have a dream.”
マーチン・ルーサー・キング牧師は人種差別廃絶のために努力した偉大な人たちの人だ。彼の演説の「私には夢がある」というセリフはあまりにも有名だ。
Wonderful!!!                                                                          
2. Charles “Charlie” Chaplin was called the King of comedy. He was a really talented artist. He was an actor, but he wrote the scripts, produced, and composed, too!!
チャールズ”チャーリー”チャップリンはコメディの王様と呼ばれた人だ。本当に才能豊かな人だった。彼は俳優だったけど脚本も書き、監督もやって、作曲までしたんだよ!
Really!?

3. Helen Keller couldn't see or hear at all. But she travelled all over the world for the education of handicapped children. She was a great lady who proved there is nothing impossible in our lives!
ヘレン・ケラーは視覚も聴覚も失っていた。しかし障害者への教育のために世界中を旅したんだよ。人生には不可能はないって証明した素晴らしい女性さ。
Amazing!!

4. Do you know the biggest lake of the world? It is the Caspian Sea. The area of the Caspian is as large as the Japanese islands.
世界で最も大きな湖を知っているかい?カスピ海だよ。その広さは日本列島と同じくらい広いんだ!
Really!!??

Song of the Week:“Alien Days” by MGMT

Quick Lesson on A Single Point  ネイティブっぽい発音の短縮形や弱音
J: ネイティブスピーカーの英語の発音は、カッコイイというか、発音記号やテキストに出ている強弱やイントネーションにはない、特別なナニカ違いがありますよね?何が違うのか自分ではよく分からないんです。
N: 確かに母語話者ならではの発音というのがありますよね。では今日はreduced form / weak formについて勉強してみましょう。

for four fɚ|fə;
a cup of coffee
(ə)v, ə; (強形) άv, ˈʌv|ˈɔv

D: The reduced form is something that happens during natural speech in English. We naturally reduce certain sounds and combine some words. For example, instead of saying I’m going to eat that, I would naturally say, I’m gonna eat that. Going to is reduced to gonna.
短縮形は実生活の英会話の中では普通に使われている。自然な英語の短縮音は単語同士をくっつけるんだ。例えば、”I’m going to eat that” を自然に言ってみるよ。”I’m gonna eat that”。 going to が gonnaに短縮されたということさ。

Many sounds also change, often turning into an /ə/ sound. A cup of coffee, for example. The of reduces to /ə/, and so it turns into a cup ə coffee (2x, slow then fast).
多くの音が変換される。よく変わるのが、/ə/ の音だ。例えばA cup of coffee。
ofが/ə/の音に変換して、a cup ə coffee と発音される。

ちょっと補足しますね。/ə/ の音は曖昧母音と言って、アイウエオのどの音でもなく、またどの音にも聞こえる、つまりはっきりしない曖昧な音、と言われています。口を軽く開けて、弱く短く発音して下さいね。
デヴィッド教授の発音を繰り返し聴いて、コツをつかんで下さい。

Another example would be the word you. If I ask my friend, are you feeling OK? The word you would naturally become /jə/, as in, are ye feeling ok?
他にも例を挙げると、youがそうだ。もし友達に”Are you feeling ok?”「気分は大丈夫?」と聞きたいとき、youを自然な音にして/jə/とする。Are ye feeling ok?

This happens a lot in natural English speech. If you do a lot of listening practice, you’ll hear it often.
自然な英会話では色々なことが起こるよ。リスニングの練習をたくさんしていると、よく聞こえてくると思う。



番組宛のご意見ご要望は下記メルアドまでお寄せください。
davidsenglishseminar@gmail.com

リアルタイムサイマル放送を聴く場合は →FM西東京(84.2MHz) http://842fm.west-tokyo.co.jp/
リアルにデヴィッド教授に習いたい場合は →スカイタワー西東京カルチャークラブ http://www.skytower195.com/culture/cultureclub.html

この記事へのコメント