2018/6/1(金)第71回放送~5月の復習 part1

2017052119320000.jpg

今週は5月の復習です。5月はネィティブっぽい発音や言い回しをたくさん勉強しました。もう一度復習して、ネィティブ・イングリッシュに近づきましょう!

Chapter38 little/ small
Chapter39 big / large
Chapter40 few / a few little / a little
Chapter53 have to /has to の発音 
Chapter45 ~間 / for for an hour, for a few days


Quick Lesson on A Single Point  

ジュンジ: ネイティブスピーカーの英語の発音は、カッコイイというか、発音記号やテキストに出ている強弱やイントネーションにはない、特別なナニカ違いがありますよね?何が違うのか自分ではよく分からないんです。
校長先生: 確かに母語話者ならではの発音というのがありますよね。では今日はreduced form / weak formについて勉強してみましょう。

for four fɚ|fə;

a cup of coffee
(ə)v, ə; (強形) άv, ˈʌv|ˈɔv

デヴィッド教授: The reduced form is something that happens during natural speech in English. We naturally reduce certain sounds and combine some words. For example, instead of saying I’m going to eat that, I would naturally say, I’m gonna eat that. Going to is reduced to gonna.

短縮形は実生活の英会話の中では普通に使われている。自然な英語の短縮音は単語同士をくっつけるんだ。例えば、”I’m going to eat that” を自然に言ってみるよ。”I’m gonna eat that”。 going to が gonnaに短縮されたということさ。

Many sounds also change, often turning into an /ə/ sound. A cup of coffee, for example. The of reduces to /ə/, and so it turns into a cup ə coffee (2x, slow then fast).
多くの音が変換される。よく変わるのが、/ə/ の音だ。例えばA cup of coffee。ofが/ə/の音に変換して、a cup ə coffee と発音される。

少し補足します。/ə/ の音は曖昧母音と言って、アイウエオのどの音でもなく、またどの音にも聞こえる、つまりはっきりしない曖昧な音、と言われています。デヴィッド教授の発音を繰り返し聴いてみて下さい。

Another example would be the word you. If I ask my friend, are you feeling OK? The word you would naturally become /jə/, as in, are ye feeling ok?
他にも例を挙げると、youがそうだ。もし友達に”Are you feeling ok?”「気分は大丈夫?」と聞きたいとき、youを自然な音にして/jə/とする。Are ye feeling ok?

This happens a lot in natural English speech. If you do a lot of listening practice, you’ll hear it often.
自然な英会話では色々なことが起こるよ。リスニングの練習をたくさんしていると、よく聞こえてくると思う。


リアルタイムにラジオ英会話教室の放送を聴く場合は → FMブルー湘南(78.5MHz) http://yokosukafm.com
放送を聴き逃してもいつでも聴けるポッドキャスト(過去放送分アーカイブ)は→ http://davidsenglishseminar.seesaa.net/
リアルにデヴィッド教授に習いたい場合は →スカイタワー西東京カルチャークラブ http://www.skytower195.com/culture/cultureclub.html

この記事へのコメント