2018/6/29(金)第75回放送

2017071618380002.jpg

Chapter67 ~だったらいいのに hope / wish
Chapter68 ~させる let / make
Chapter 70 「笑う」の種類

Quick Lesson On A Single Point
Junji(以下、JK): 友達のキャシーがアメリカに帰って、僕にメールくれたんです。
Norico校長(以下、N): ジュンジくん、嬉しそうですね~。
J: うぐ。返事を書こうと思っているんですけど、彼女のメールの最後に「チャオ!」って書いてありました。デヴィッド教授はいつも「チアーズ!」って書いてますよね?兄のところに来るステファニーのメールには、ハグ、ラヴ、マッチラブ、っていろんなのが出てくるんですけど、なにか違いがあるんですか? それぞれの言葉のニュアンスが知りたいです!!
David教授(以下、D): (Slowly)Different email closings have different meanings and nuances, you’re right.
 Using something like hugs, love, or much love is very familiar and informal. It’s really friendly, but only something to use with family or close friends.

N: その通り。結びの言葉はそれぞれ違った意味やニュアンスを持っている。
Hug, LoveあるいはMuch loveはとても親しみやすく、フォーマルではない言い方だ。
本当にフレンドリーな言い方だから、家族やごく親しい友人に対してだけ使うことができるんだ。
D: Regards, best regards, or sincerely are common ways to close, too. They’re more formal and good for use in professional situations.
N: Regards, best regards, sincerelyも結び言葉としてよく使われる。よりフォーマルで、仕事で使うにもぴったりだ。
D: I like to use cheers! because it’s friendly and relaxed, but not too intimate.
N: 僕はCheers!を使うのが好きだよ。なぜってフレンドリーで、のんびりした感じもあるし、それでいて、馴れ馴れしすぎないんだ。
D: Ciao is less common, and comes from Italian. It’s casual and gives an international feeling, but some people think it sounds like trying too hard.
N: Ciaoはちょっとレアな感じもあって、これはイタリア語から来ているんだ。カジュアルで国際的な雰囲気もあるんだけど、わざとらしいと考える人もいるかな。
J:なるほど。
N:結語は使われるシーンによってだいたい決まってきます。例えば、ビジネスシーンならSincerelyを使
えばまず間違いはないでしょう。Sincerely1語だけでもいいですし、Sincerely yours, Yours sincerely,と、前後にyoursを入れれば、よりフォーマルな印象となります。
Regardsはビジネスでも友達でも使え、より一般的な結語と言えますが、面識のある人に対して使った
方がいいということを覚えておきましょう。Kind regards, Best regards, なども聴いたことがあるかもしれませんが、こういうのも同じイメージです。少しだけ打ち解けた感じがあります。
私は個人的にはWarm regards,というのが好きで、よく使っています。友達同士なら、See you, Take care
と書いてもいいですね。どれを使うにしても、最後にカンマを入れるのを忘れないで下さいね。カンマをいれて、改行してから自分の名前を書きます。



リアルタイムにラジオ英会話教室の放送を聴く場合は → FMブルー湘南(78.5MHz) http://yokosukafm.com
放送を聴き逃してもいつでも聴けるポッドキャスト(過去放送分アーカイブ)は→ http://davidsenglishseminar.seesaa.net/
リアルにデヴィッド教授に習いたい場合は →スカイタワー西東京カルチャークラブ http://www.skytower195.com/culture/cultureclub.html

この記事へのコメント