2018/8/24(金)第83回放送

20180812-1.jpg

Chapter 97 浅草へ行きました!
Chapter 98 音を立ててそばをすする?
Chapter 99 思わず手を繋いじゃった!
Chapter 100 写真が欲しい!
Chapter 101 Fools rush in.

Quick Lesson on A Single Point 気分が良いときの表現
サトシ: 日本人はアメリカ人のように自分自身を強く表現することにためらいがあるように思います。僕は今すごく幸せなんですけど、もしその気持ちをネイティブスピーカーみたいに言うとしたら、どんなふうに表現しますか?

デヴィッド教授: 君が幸せで僕も嬉しいよ!そう、アメリカ人はよく強い表現の仕方をする。普通は僕は“I’m feeling good today” 今日は気分がいい、とか、“I feel quite content.” かなりいい気分、って言うかな。

普通の状況ならこれで十分だけど、もし物事が本当に上手くいっているとしたら?もっと強くてもっと面白い表現を使うんだ!

さあ、ここからは「幸せ」を表現する熟語だよ。

“I feel like a million dollars!” とか “I feel like a million bucks!”は、どちらも「気分は最高!」という意味だよ。これを使うときは、ぼくらが最高にいい気分の時だ。幸せな気分の時や、幸せな気分でしかも体調もいいとき。いい休暇を過ごした後は、僕はいつも最高の気分だよ!
もし君がこれ以上はないってくらい幸せを感じているなら“I’m on top of the world!” 天にも昇る心地だ、って言うことができる。何もかもがうまく行って有頂天になるとき、僕たちはこれを使うんだ。

じゃあ、もし君の友達が本当に幸せそうにしていたら?他人の幸せについてもこんな言い方ができる。例えばアリスがテストで良い成績を取ったら、僕は“Alice was tickled pink about her test score!” アリスは良い点数を取って大喜びしていた!と言うだろう。

それから僕の友達のジョンはというと?僕が今朝ジョンに会うと、He was as happy as a clam! 彼はこの上もなく上機嫌だった!」だけど待てよ、ハマグリと同じくらい幸せ? ハマグリって幸せなの?満ち潮の時は幸せなんだよ!





リアルタイムにラジオ英会話教室の放送を聴く場合は → FMブルー湘南(78.5MHz) http://yokosukafm.com
放送を聴き逃してもいつでも聴けるポッドキャスト(過去放送分アーカイブ)は→ http://davidsenglishseminar.seesaa.net/
リアルにデヴィッド教授に習いたい場合は →スカイタワー西東京カルチャークラブ http://www.skytower195.com/culture/cultureclub.html

この記事へのコメント